船井ファストシステムについて

BizteX Connectを使ってシステムを連携をしよう!

デジタルおかん

皆様こんにちは!デジタルおかんです!

船井総合研究所で、中小企業のデジタルシフト・DXのコンサルタントをしています。2004年にスウェーデンのウメオ大学教授が提唱された「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という言葉に感銘をうけ、中小企業にとって使いやすい、便利なITツールのご紹介やそのITツールの使いこなし方をこちらのサイトで発信しています!他の記事も目を通していただけると嬉しいです!

デジタルおかん

今回はBizteX ConnectというiPaaSツールを利用したシステム連携方法をご紹介します!

デジタルおかんさん。すみません・・・BizteX ConnectというのはITツール名称だということはかろうじてわかるのですが、iPaaSツールってなんでしょうか?

デジタルおかん

ふふふ。そうですよね!詳しく説明しますね!

iPaaSツールとは

iPaaSとは、integration Platform as a Serviceの頭文字をとった略称で、「アイパース」と呼びます。直訳すると、「サービスとしての統合プラットフォーム」という意味になるのですが、複数の異なるSaaSツールを連携して使えるようにするクラウドサービスのことを言います。

SaaSツールというと分かりづらくなってしまいますが、kintoneとChatwork、BOX、Googleスプレッドシート、Googleカレンダーなどこちらのサイトでもよく紹介しているツールと考えるとピンとくると思います!

私たちは現在、サイボウズ社のkintoneを軸にDXを進めていくサポートをさせていただいておりますが、kintoneの魅力の一つに、「他社システムとの連携」があります。しかし、「他社システムとの連携」には、簡単に連携できる「連携サービス」がある場合とない場合があります。

ある例:カイクラfreeeマネーフォワードクラウド

ある場合は、その連携サービスを利用すれば、簡単にそれぞれのツール同士を連携させてよりDXを推進していくことができますが、ない場合は「API」を利用した「開発」をしなければいけない・・・と一気にハードルが上がります。

これを”開発なし”でできるのが、iPaaSツールです!

BizteX Connect(ビズテックス コネクト)とは

iPaaSツールで代表的なのは、2012年にアメリカで開発された「Zapier(ザピアー)」というツールです。Zapier(ザピアー)は以前こちらのサイトでもご紹介させていただいたことがあります。

この記事で何度も何度も書いているのですが、残念ながら日本語対応は現時点でもしておらず、すべて「英語」なんですね。。。「英語」に抵抗がない!という方はZapierなら、2022年5月現在で4000以上のSaaSツールと連携できるのでとてもいいツールだと思いますが、多くの方は「英語」だとちょっと・・・ではないでしょうか?私もそうです。。。Google翻訳でなんとか使ってはいたものの、お客様に積極的にオススメできないなと思っており、日本語対応(できれば日本企業が提供しているもの)していて、特にkintone連携に強くて、box、Googleツール、Chatworkと連携している、そんなiPaaSツールはないかな~とかなり尖ったニーズで探していたところ、BizteX Connectと出会うことができました。

BizteX Connectは、BizteXという東京都にある日本企業が提供しているツールで、現在34のSaaSツールと連携させることができます。

BizteXconnectのサービスぺージからキャプチャ

日本企業なので、もちろんサポートは日本語で受けられますし、Zapierに比べて連携できるSaaSツールの数が少ないとはいえ、私がよくお客様へDX推進のためにオススメしているツールのほとんどを連携させることができます。また、BizteX社のRPAツールと連携させて利用することができるので、APIがないクラウドでも連携をさせることができます。

iPaaSのこと、BizteX Connectのこと、よくわかりました!
具体的にどんな連携ができるのか教えて欲しいです!

BizteX Connectを利用した連携例

今回は実際にお客様からkintoneと他のツールで「こんなことできないの?」と聞かれてBizteX Connectで実現させた連携事例を4つご紹介します。

kintone×BOX

相談者

kintoneの新規レコード作成時に「box」にフォルダを作成したい。さらに、作成したフォルダの下に下層フォルダを作成したい。できればそのフォルダの中に「フォーマット」となる添付ファイルを入れておきたい!

デジタルおかん

できますよ!こういうことですね?

相談者

そうです!!!出来るんですね!

デジタルおかん

はい!BizteX Connectで連携させた後のkintoneとBOXの動きはこんな感じです!

相談者

まさにこれがやりたかったんです!

kintone×Googleカレンダー

相談者

kintoneとbox連携すごいですね!!!
私がやりたいことも聞いてほしいです!kintoneのレコードに「日付」を入れたらGoogleカレンダーにも連携されるようにしたいのですが、できますか?

デジタルおかん

はい!!できますよ~!こんな感じです!

相談者

すごい!これでkintoneのレコード内のコメントにも素早く気づけそうです!

kintone×Googleスプレッドシート

相談者

Googleカレンダーができるということは、Googleスプレッドシートもできそうだって思ったんですがどうでしょうか?kintoneの標準機能のグラフ機能ではできない分析をスプレッドシートに書き出してやってみたいなと思ってます。

デジタルおかん

はい!!できます!!

上記はkintoneのアプリのデータを一括でスプレッドシートに持ってきていますが、kintoneに新規登録されたら、スプレッドシートに1行追加。ということもできます。

相談者

すごい・・・!なんでもできそうですね・・・!

kintone×Chatwork連携

相談者

Chatwork連携はどうでしょうか?
社内のコミュニケーションはChatworkでやっています。kintoneでは顧客管理や、案件管理を中心にその他いろいろな業務管理システムとして幅広く使っています。kintoneの中にある情報に関してのコミュニケーションは、kintoneのコメント機能を使ってやり取りして、後から見返したときにどんなやり取りをしたのかがわかるようにしておきたいのですが、Chatworkに慣れているので、kintoneのコメントになかなか気づけないということがあります。そこで、kintoneでコメントを書いたら、Chatworkに通知が飛ぶようにしたいです!

デジタルおかん

とてもよく分かります!こちらももちろんできます!

相談者

すごいです!これでkintoneのコメントに素早く気づけ対応できそうです!

iPaaSツール、BizteX Connectを使えば業務DX進みそうだ!ということがご理解いただけたのではないでしょうか!

BizteX Connectを利用してシステム連携させたい方へ

次回はBizteX Connectの使い方について解説する記事をアップしますね!

船井ファストシステムサポート契約中の企業さまは、オンラインサポート(チャットもしくはWEBミーティング)にて詳しい説明はもちろん、実際に画面を触っていただきながら連携設定を行っていただけるトライアル環境をご用意できますので、弊社までお問合せください!