船井ファストシステムについて

レコードを一気に更新!「一覧レコード一括更新/クリアプラグイン」

レコードを編集するときは、1レコードずつ編集、保存する必要があります。
編集するレコードが1つや2つ。その都度編集するものだとこれで全く問題ないのですが、編集したいレコードが10、20レコード、100レコード、1000レコードとなるともう1レコードずつ編集、保存は難しいですよね。

こういう場合は、CSVで書き出して更新するしかないのですが、Tisさんの一覧レコード一括更新/クリアプラグインを利用すると、一覧で表示されているレコードのフィールドを一気に更新、もしくはクリアすることができます!

プラグイン利用イメージ

例)一覧で表示されている入金日を一括で更新

例)一覧で表示されている入金日を一括でクリア

いかがでしょうか?利用イメージはつきましたか?
それではプラグインの利用方法をご説明します。

プラグイン設定方法

利用したいアプリにプラグインを追加します。

プラグインはTiS様のサイトからダウンロードが可能です。

ページ中央部分の無料DLの横にある「ダウンロード」をクリックするとダウンロードできます。

その後、ダウンロードしたプラグインをアプリに追加します。
追加方法はこちらの記事をご覧ください。

一覧レコード一括更新/クリアプラグイン設定方法

このプラグインを利用したくないフィールドがある場合に選択します。

これを設定しないと、一覧画面ですべてのフィールドが一括更新・一括クリアの対象になってしまいます。

例で挙げたアプリでは下記のように設定しているので、「請求日、請求先、金額」は一覧一括更新/クリアができないようになっています。

設定したら、保存を押してアプリの更新をしてください。

アプリを更新お忘れなく!!

これで設定完了です。

プラグイン利用方法

一覧に鉛筆マークと消しゴムマークが出現します。

鉛筆マークをクリックするとこのような画面がでますので、更新したいところを選び、更新したい内容を記入するだけです。(上部に掲載した利用イメージのGIF動画をご確認ください)

このプラグインのすごいところは、設定されている一覧に限定して、一括で更新・クリアさせるのではなく、設定している一覧を絞り込んだ状態での更新も可能になっているところです。

ですので、いつも利用している一覧の中で、更新・クリアしたい一覧に絞って一括操作ができます。

例)すべての一覧の中で請求先が船井になっているレコードの入金日を一括で更新したい場合、一覧の絞込機能で請求先に船井を入れ、「適用」し、その後プラグインを利用します。

いかがでしょうか?素敵なプラグインですよね!

アプリ管理者のみなさまに置かれましては、一括更新は、CSV書き出し・読み込み権限がないから現場でできない!と言われずに済みますし、現場の皆さんも早くデータをリアルなデータにしたいと思います。

どのような立場の方にもwin-winなシステムにできるのがkintoneの良さ。このプラグインを利用することでその良さがさらに高まりますね!

ファストシステムユーザーのみなさまへ

船井ファストシステムをご契約の企業様は、オンラインサポート(チャットもしくはWEBミーティング)にてご不明点のご相談も受けております!

もし上記のにてご不明点などがあった場合やより自社仕様のカスタマイズが行いたい場合はチャットにてご相談ください!

ABOUT US

神徳あや
株式会社船井総合研究所のコンサルタント。ITツールが大好きで、中小企業向けのデジタルシフトコンサルティングを行っている。特に好きなITツールはChatwork、kintone、BOX、G-sutite、ZOOM。