船井ファストシステムについて

シリウスグループ様導入事例

お客様情報

業種:木造建築工事業
エリア:岩手

今回は、岩手県にあるシリウスグループの代表取締役 尾形様に導入の際のお話をお伺いしました!

1.デジタルシフトに取り組んだ理由は?

マーケットが小さくなる中で、圧倒的な地域一番店にならないといけないと思っています。
地域一番店になるためには顧客満足度をあげていくしかなく、そのためにはデジタルシフトが必要だと思い取り組みを始めました。

2.どのようなITツールを導入したのか?

kintoneとBoxを導入しています。

色々な販売システムを検討しましたが、なかなか自社にしっくりくるものはありませんでした。そんな時にkintoneを知り、自社の悩みに対して簡単にカスタマイズできる点に魅力を感じ導入しました。
kintoneでは個々のスケジュールを管理したり、顧客情報、進捗管理、アフターメンテナンスの管理をしたりして情報の一元化を行っています。

また、Boxでは自社内の情報共有を行っています。今まで個人のパソコンで管理していたデータに対して、どこからでも誰でもアクセスできるようになった点が良かったですね。
kintoneと連携できる点も二度手間が無くなるので気に入っています。
今後は外部との情報管理・共有をしたいと思っています。

3.なぜ船井総研にご依頼いただいたのか?

最初はシステム会社に依頼したのですが、悩みや改善したいところ、特に業界の要望を理解してもらえず、提案していただいた内容が満足できるものではありませんでした。
また、個別開発になるため開発費用も高くなってしまいます。

そんな時に船井さんを紹介していただき、kintoneの知識が豊富な上、弊社に合った提案をしてくれました。依頼後も、レスポンスが非常に速いためスピード感をもって進められましたね。
また10年来、弊社をサポートしてくれて悩みや改善したい内容を熟知した担当コンサルタントとkintone担当者の方が一緒に考えてくれたシステムだった点も非常に満足でした。
開発費用も、別会社の見積りの1/3でしたね。
船井さんに決めた理由というよりも、船井さんに決めない理由がありませんでした。