船井ファストシステムについて

RepotoneUを利用して帳票作成を効率化!

RepotoneUとは

見積書や請求書を発行する際、ひな形のファイルとkintoneを開いて、間違えないようにデータをコピー&ペーストして作成していませんか?人間の手で行うと、どうしてもミスが発生してしまいますし、なによりもとっても大変ですよね。

そんなお悩みを解決するのが、RepotoneU(レポトンU)シリーズ。ボタンを押すだけで、kintoneで管理している項目を反映させた帳票を出力することができるソリューションです。

RepotoneUは、ひな形のファイルそのものをkintoneに入れ込み、どのフィールドがファイル上のどの項目と対応しているのか、という設定を1度してしまえば、ボタン押すだけでPDFまたはExcelの帳票を作成してくれます。

RepotoneUは3種類

RepotoneUシリーズはPro,Excel,PDFの3種類があります。ExcelとPDFは買い切りタイプ、Proは月額払いタイプで、Excel&PDFの出力に加え、買い切りの2種類より広いサービスを提供しています。

Excel版は出力される帳票がExcel、PDF版はPDF、Proは両方出力することが可能です!現在利用している帳票の形式にそろえていただければよいかと思います。一般的には、関数を設定したければExcel、見積書等をメールで送ることがあればPDFを選ぶお客様が多いです!

シリーズ別の機能比較表はこちらをご覧くださいませ!

料金

  • Excel 初期費用:¥200,000(税抜)
  • PDF  初期費用:¥98,000(税抜)
  • Pro 月額費用:¥15,000(税抜)※10,000枚/月以降は、追加費用

また、ExcelとPDFを同時に購入する場合は、¥250,000(税抜)。さらに、購入後にどちらかを追加購入する際は、優待価格でのご案内となります。

一括出力やモバイル対応があるのはProだけ!

Proでは、ExcelとPDFどちらの帳票も出力することができますが、そのほかにも買い切りタイプにはない機能があります。

RepotoneU公式サイトより、機能比較表です。
  • 一括出力
  • 一覧出力
  • ラベル印刷
  • バーコード/QRコード出力
  • モバイル対応

特にご好評いただいている機能は一括出力モバイル対応です

他の2シリーズでは、帳票を出力をする際に出力するレコードの詳細画面に入り、1つ1つ出力ボタンを押す必要があります。しかし、Proでは一覧画面でボタンを1回押すだけで、該当一覧にあるレコードの帳票をすべて出力することができます。

モバイル機能は、訪問先でお見積や日程などをその場でkintoneに入力、出力し、モバイルプリンターにて印刷してお渡しするという利用ができます。これまでは帰社して資料を作成してからお客様に送っていたところ、すぐにお渡しすることができるようになったことで、お客様の満足度は向上し、他社との差別化にもつながった、という嬉しいお言葉をいただいております。

また、設定可能帳票数も、ExcelとPDFは1アプリ10枚まで、Proは30枚まで、という違いもあります。

設定方法

RepotoneUは、アプリの設定画面から任意のひな形ファイルを読み込み、kintoneのフィールドを設定することができます。設定方法は、こちらの動画をご覧ください。

①設定したい帳票をアップロードする

まずは、アプリの設定→プラグイン→RepotoneUの設定より、帳票の追加を行いましょう。帳票の名前は後から変更もできるので、わかりやすい名前をつけ、「ファイルを選択」よりあらかじめ用意したExcelやPDFのフォーマットをアップロードしましょう。

今回は「見積書テンプレ」という既存のテンプレートを読み込んで作成しました。

②kintoneのフィールドをExcelのセルに当て込む(Excel版の場合)

アップロードが完了したら、実際にExcelのどのセルにkintoneのどのフィールドを読み込ませるかを設定していきましょう。方法は、Excelのセルをクリックして、入れ込みたいkintoneのフィールドを選択するだけ!簡単ですね!

注意点
・結合セルには設定できません。あらかじめ結合は解いてください。
・テーブルにある項目を設定する場合は何行を出力するか求められますので、
 テーブルの最大行の見込で設定してください。

それでは設定した帳票を出力するイメージを確認してみましょう。

出力イメージ

ボタンを押すと、設定した項目が反映された帳票が一瞬で出てきますね!

PDFの設定方法

Excelはセルをクリックしてkintoneのフィールドを選択しますが、PDFの場合は、任意の場所をドラッグしてkintoneのフィールドを選択します。

さらに、Excelの場合は、設定時に読み込ませたファイルの書式設定が反映されますが、PDFの場合はフォントやサイズはRepotone上で設定することになります。

詳しい設定方法に関しては下記の記事を参照してください。

購入方法

RepotoneUは、公式HPよりサンプルプラグインをダウンロード、設定していただければ、30日間無料でお試ししていただくことができます。ファストシステムユーザーの皆様は、認証設定(プラグインをダウンロードして、kintoneで使える状態にするまでの作業)、弊社サンプルの帳票の設定は無料で受け付けております。どのようなサンプルがあるかはchatworkにてお問い合わせください!

プラグインの追加、設定方法はこちらの記事をご参照くださいませ。

購入プランや、設定方法に悩まれた際は、お気軽にお問い合わせください。また、ファストシステムDays(勉強会)でも設定方法をご説明しておりますので、下記よりご都合の良い日時でご参加くださいませ。ご都合がつかない場合は、WEBミーティング、チャットでご案内できればと思います。